当事業所における個人情報の利用目的の方針は以下の通りです。

1.法令の遵守

生活応援ハウス 楽笑庵(以下、楽笑庵)は、個人情報の保護に関する法律等、関係法令を遵守するとともにより適正な事業執行に努めます

2.個人情報の適正な取得

 楽笑庵は、個人情報を適正かつ適切な方法で取得します。

3.個人情報の利用

 楽笑庵は、個人情報をその利用目的の範囲内で利用します。

4.個人情報の第三者提供

 楽笑庵は、法に基づき許容される範囲を除き、事前にご本人の同意を得ることなく個人情報を第三者に提供しません。なお、必要に応じて楽笑庵業務の一部を委託する場合に、業務委託先に対し個人情報の一部を提供する場合がありますが、この場合においても楽笑庵として業務委託先に対する適切な監督を行います。

5.個人情報の適切な管理

 楽笑庵は保有する個人情報について、その利用目的の範囲内で、できる限り最新かつ正確な内容として保持するよう努めます。またその管理についても、個人情報の漏えい、滅失、毀損などがないよう十分に配慮し、安全に管理します。

6.個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

 楽笑庵が保有する個人情報について、ご本人から自らに関する個人情報の開示の申し出、またその内容に関する訂正、追加、削除、利用停止等の申し出がなされた場合には、所定の手続きに従い速やかに対応します。

7.個人情報の取り扱いに関する苦情への対応

 楽笑庵における個人情報の取り扱いに関して苦情が寄せられた場合には、適切かつ速やかに対応します

8.個人情報保護に向けた体制整備、職員教育の実施

 楽笑庵は個人情報を保護するため、適切な管理体制を整備するとともに、職員の意識啓発に努めます。

基本方針

個人情報は、ご利用者本人に帰属するものと考え、慎重かつ適正に取り扱います。

個人情報は、ご利用者本人・ご家族の支援など介護支援の視点に立って利用します。

職業人として職務上知り得た秘密は、規程された目的以外には使用せず、退職後も守秘義務を遵守します。

個人情報の利用目的

個人情報の利用目的は以下の通りとします。

居宅介護支援業務および居宅介護予防支援業務の遂行

各サービス担当者および主治医との情報共有

当事業所内でのカンファレンス・ミーティング

関連学会、研修会での匿名下での発表

サービス担当者会議での情報共有

その他公官庁等の法律法令上の照会

例外規程

上記各項に関わらず本人の生命、身心に危機が直面している場合はこの限りではありません。

附則

この方針は1871日より施行します。

特定非営利活動法人 生活ネットワーク寿樹

理事長  片山 大樹